PIC/H8-3069 の変更点 - PukiWiki

[[PIC]]
** [[H8-3069ネット対応マイコン>http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01271/]] [#pdbe12d9]
RIGHT:2010/01/06
- ホスト(PC)の環境
-- Mac BookのVirtual Box上のWindows XP
--- 添付のCygwin-1-3-3をインストール
-- USB-RS232Cシリアル変換ケーブル(USB-RASQ2)
--- Mac側では不明なデバイスと表示されるUSB機器をVirtual Boxの設定でWindows XPに接続する.
--- Windows XP側ではUSB-RASQ2のドライバを入れる.
--- 最初はCOM4で認識されたが, デバイス一覧のプロパティでCOM1に変更する.
- H8/OSを書き込む
-- ブートモード(ON/ON/OFF/ON)で起動して
--- RAMモード用のブートプログラムを書き込む
 cd /cygdrive/d/h8_os
 h8write -3069 -f20 plus3068.mot
-- 通常モード(ON/OFF/ON/OFF)で起動して
--- ハイパーターミナルで57600bps/8bit/パリティなしで接続する.
 Welcome to the H8 Monitor !!
 H8/OS >
と表示される.
--- モニタのダンプコマンドでメモリを確認
 H8/OS >dump fff600
 00FFF600 : 8B005CB0B81097CA  09081248B95CF995
 00FFF610 : E030140CBD1AF2FC  E55090A1EF9B9AFF
 00FFF620 : 94011410789F51F5  21021A287F39EE7E
 00FFF630 : 042030127D9C759D  D00871A033F7FAFF
 00FFF640 : 0C2C0919D85EC9F7  44817228F3FFFE42
 00FFF650 : 220800005F4128BB  01040C0C51DBB3BC
 00FFF660 : 011004145CBF71F3  A8905A004C9E62C1
 00FFF670 : 05050084DCFC4AEE  4283B500DBDE5F62
 H8/OS >
- httpdサンプルプログラムの実行
-- RAMモードでモニタから起動する場合
--- d:\h8_os を c:\cygwin\home\ym へコピーしておく.
 $ cd h8_os/httpprog
 $ make
 h8300-hms-gcc -O -mh -g -mint32 -T ../ram3068.x -nostartfiles ../crt/ramcrt0.S http.c -o http.coff -lc
 h8300-hms-objcopy -O srec http.coff http.mot
 chmod -x http.mot
 rm http.coff
--- ハイパーターミナルを終了し, Cygwinコンソールでプログラム転送
 $ put http.mot
--- ハイパーターミナルを起動して, モニタのコマンドでプログラム実行
 H8/OS > exec ffDE40
--- 別のパソコンのブラウザから動作確認
 http://192.168.0.145/
--- 補足 ~
内蔵RAMは FFBF20H〜FFDD20H(サイズ1E00H)でユーザ領域はFFDE40Hから
-- ROMに書き込んで起動する場合
--- プログラム作成
 cd h8_os/httpprog
 h8300-hms-gcc -O -mh -g -mint32 -T ../rom3068.x -nostartfiles ../crt/30xxcrt0.S http.c -o http.coff -lc
 h8300-hms-objcopy -O srec http.coff http.mot
 cat ../kernel3068.mot http.mot > httprom.mot
 rm htto.coff http.mot
--- プログラム書き込み (H8マイコンをブートモード(ON/ON/OFF/ON)で起動)
 h8write -3069 -f20 httprom.mot
--- 動作確認 (H8マイコンを通常モード(ON/OFF/ON/OFF)で起動) ~
別のパソコンからブラウザで確認
--- 補足 ~
内蔵ROMは 000000H〜00AFFFH(サイズB000H)でユーザ領域は00B000Hから ~
内蔵RAMでユーザ使用可能領域は FFDD20Hから
*** I/Oボード [#l1958b48]
- lcdprog/lcd.c ~
サンプルプログラムを修正
 #include <h8/reg3067.h>
 #include <h8/syscall.h>
 int main(void) { 
 	unsigned char	lcdport[]={0x10, 0x00, 0x20, 0x08, 0x04, 0x02, 0x01};
 	char buffer[20];
 	int n;
 	P4DDR=0x3f;
 	lcd_setup(2,16,&P4DR,lcdport);
 	do {
 	write_mode(SIO);
 	printf("\ninput:");
 	scanf("%s",buffer);
 	write_mode(LCD);
 	printf("%s : ",buffer);
 	} while (strcmp(buffer,"end")!=0);
 	return 0;
 }
#ref(H8-3069.jpg,center)
- 参考リンク
-- http://noritsugu.at.webry.info/200701/article_3.html
-- http://wasimiya.hp.infoseek.co.jp/
-- &ref(http://akizukidenshi.com/download/kairo/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E9%96%A2%E4%BF%82/A037_H8-3069.pdf,,A037_H8-3069.pdf); (秋月電子 H8/3069フラッシュマイコンLAN(ネットワーク)ボード )
-- http://www.interq.or.jp/earth/atsushi/mes2/ (MES2 for H8)
-- http://mes.sourceforge.jp/mes/ (MES H8/OS 5.0)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF