Graphviz の変更点 - PukiWiki

** HaskellのGraphクラスとGraphvizの使い方 [#a1391971]
-- Haskellからのグラフ描画 -- Graphvizの使い方 --~
HaskellのGraphオブジェクトからdotファイルを作成し,~
dotty または lneato を呼び出して表示する関数 dotDisplay
 dotty_program = "dotty "
 -- dotty_program = "lneato "
 dotDisplay ::(Show a,Show b)=>FilePath -> (Gr a b)-> IO ExitCode
 dotDisplay base g = let dotfile = base ++ ".dot" in
  do writeFile dotfile $ gx g
     system (dotty_program ++ base ++ ".dot")
        where gx g = graphviz g base (8.5,11) (1,1) Portrait
#ref(graphviz.lhs,left)

-- graphviz.lhsをpdfにしたファイル
#ref(graphviz.pdf,left)

-- グラフの例
--- kngraph 10 3 で作成したグラフをdot(左図)とneato(右図)で描画したもの.
#ref(k10.png,around)
#ref(k10n.png)
--- dotファイルの中身
 digraph k10 {
	1 -> 2
	1 -> 3
	1 -> 4
	2 -> 3
        .. (途中省略) ..
	9 -> 10
	10 -> 1
	10 -> 2
	10 -> 3
 }

** 関連ページ [#of0f72f8]
-- [[Automaton]] (Haskellで有限オートマトンを実装する)
-- [[graphviz_plugin]] (Pukiwiki graphvizプラグイン)


** リンク [#f707db8e]
-- [[Graphviz:http://www.graphviz.org/]] (dotファイルの表示・変換) by graphviz.org
-- [[Haskell Documents:http://www.haskell.org/ghc/docs/latest/html/libraries/fgl/Data-Graph-Inductive-Graphviz.html]] (dotファイル出力) by haskell.org
-- [[形式概念解析:http://www.i.kyushu-u.ac.jp/~k-honda/klabo/index.cgi?page=%B7%C1%BC%B0%B3%B5%C7%B0%B2%F2%C0%CF]] (概念束の構成とグラフ出力) by k-honda

#counter(total)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF