Solaris10/mirror - PukiWiki

Solaris10

2008/02/22

Disk c0d0 (c0d1)

Current partition table (original):
Total disk cylinders available: 60560 + 2 (reserved cylinders)
Part      Tag    Flag     Cylinders         Size            Blocks
d100 c0d0s0 d101 c0d1s0 d102
  0       root    wm    8119 -  8720        4.63GB    (602/0/0)     9709056
d10  c0d0s1 d11  c0d1s1 d12
  1       swap    wu       3 -   129     1000.12MB    (127/0/0)     2048256
  2     backup    wm       0 - 60559      465.73GB    (60560/0/0) 976711680
d30  c0d0s3 d31  c0d1s3 d32
  3        usr    wm     130 -  1174        8.04GB    (1045/0/0)   16853760
d40  c0d0s4 d41  c0d1s4 d42
  4        var    wm    7517 -  8118        4.63GB    (602/0/0)     9709056
d50  c0d0s5 d51  c0d1s5 d52
  5 unassigned    wm    1175 -  7516       48.77GB    (6342/0/0)  102283776
Database
  6 unassigned    wm    8721 -  8796      598.50MB    (76/0/0)      1225728
d70  c0d0s7 d71  c0d1s7 d72
  7       home    wm    9842 - 59841      384.52GB    (50000/0/0) 806400000
  8       boot    wu       0 -     0        7.88MB    (1/0/0)         16128
  9 alternates    wu       1 -     2       15.75MB    (2/0/0)         32256

RAID1 作業

  1. 主ドライブ(c0d0)のパーティションを作成しOSをインストールする.
  2. 副ドライブ(c0d1)のパーティションを作成する.
  3. データベースのパーティションを主・副ドライブに設定する.
    # metadb -a -f -c 2 c0d0s6 c0d1s6
  4. 主ドライブ(codo)をmdで認識するようにする.
    # metainit -f d101 1 1 c0d0s0
    d101: 連結/ストライプがセットアップされます
    # foreach i ( 1 3 4 5 7 )
    foreach? metainit -f d{$i}1 1 1 c0d0s$i
    foreach? end
    d11: 連結/ストライプがセットアップされます
    d31: 連結/ストライプがセットアップされます
    d41: 連結/ストライプがセットアップされます
    d51: 連結/ストライプがセットアップされます
    d71: 連結/ストライプがセットアップされます
    # metainit d100 -m d101
    d100: ミラーがセットアップされます
    # foreach i (1 3 4 5 7)
    foreach? metainit d{$i}0 -m d{$i}1
    foreach? end
    d10: ミラーがセットアップされます
    d30: ミラーがセットアップされます
    d40: ミラーがセットアップされます
    d50: ミラーがセットアップされます
    d70: ミラーがセットアップされます
    # metaroot d100
    # vi /etc/vfstab
    ........ d10, d30, d40, d70
    # reboot
  5. 副ドライブ(c0d1)をmdで認識するようにする.
    # metainit d102 1 1 c0d1s0
    d102: Concat/Stripe is setup
    # foreach i (1 3 4 5 7)
    foreach? metainit d{$i}2 1 1 c0d1s$i
    foreach? end
    d12: Concat/Stripe is setup
    d32: Concat/Stripe is setup
    d42: Concat/Stripe is setup
    d52: Concat/Stripe is setup
    d72: Concat/Stripe is setup
  6. 副ドライブをミラーとして接続する.
    # metattach d100 d102
    d100: submirror d102 is attached
    # foreach i (1 3 4 5 7)
    foreach? metattach d{$i}0 d{$i}2
    foreach? end
    d10: submirror d12 is attached
    d30: submirror d32 is attached
    d40: submirror d42 is attached
    d50: submirror d52 is attached
    d70: submirror d72 is attached
  7. 副ドライブ(c0d1)にブート情報をコピーする. (未:2008/01/20)
    # fdisk -b /usr/lib/fs/ufs/mboot /dev/rdsk/c0d1p0
    
      5. Exit (update disk configuration and exit)
    
    # installboot /usr/platform/i86pc/lib/fs/ufs/pboot 
                  /usr/platform/i86pc/lib/fs/ufs/bootblk /dev/rdsk/c0d1s2
  8. 主・副どちらのドライブからもブート出来るようにする. (未:2008/01/20)
    デバイスの正式名をlsで確認し, eepromで書き込む.
    # ls -l /dev/dsk/c0d1s0
    lrwxrwxrwx   1 root     root          51 Jan 10 13:26 /dev/dsk/c0d1s0 
       -> ../../devices/pci@0,0/pci-ide@1f,2/ide@0/cmdk@1,0:a
    # eeprom altbootpath=/pci@0,0/pci-ide@1f,2/ide@0/cmdk@1,0:a
Counter: 3065, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF
Last-modified: 2008-02-22 (金) 07:49:27 (4111d)