Solaris10/Application - PukiWiki

Solaris10

2008/02/22

pkg-get

pkg-getからpkg-utilに変わった? (2009/02/14)
pkg-util -a desktopで探して pkg-util -i rdesktopでインストール.
  • http://www.blastwave.org/packages.php
  • pkgadd -d http://www.blastwave.org/pkg_get.pkg
    ※ /opt/csw/etc/pkg-get.conf で
       url=http://dist.justplayer.com/csw/stable/
       とする. (2008/11/01)
    ※ kyushu-u用に
       http://dist.math.kyushu-u.ac.jp/solaris/csw/stable/
       にmirrorを作った. (2008/11/06 wget -mk -nH)
       ~/.wgetrc に robots=off を入れる. (2010/04/28)
  • wget のバイナリーをどっかから持って来る
  • pkg-get -D xxx / pkg-get -i xxx
    pkg-get -l (2008/01/18)
    berkeleydb44 binutils common expat fontconfig freetype2 gcc3corert
    gcc3g++rt gcc4core gcc4corert gd gdbm ggettext ghostscript gsed
    gsfonts jbig2dec jpeg libiconv libsunmath ncurses openssl_rt perl
    pkg_get pm_tk png t1lib tetex texinfo tiff wget xemacs xemacs_packages
    xpdf xpm zlib

TeX

pkg-get -i gcc3core
pkg-get -i gcc3g++
/opt/csw/gcc3/bin

Haskell

wget http://www.haskell.org/ghc/dist/6.8.2/ghc-6.8.2-src.tar.bz2
wget http://www.haskell.org/ghc/dist/6.8.2/maeder/ghc-6.8.2-i386-unknown-solaris2.tar.bz2

Mysql Ver.5

  • http://www.blastwave.org/packages.php/mysql5
    pkg-get -i mysql5
    cd /opt/csw/mysql5
    cp cp /opt/csw/mysql5/share/mysql/my-medium.cnf my.cnf
    ./bin/mysql_install_db
    chown -R mysql:mysql ./var
    svcadm start cswmysql5
    ./bin/mysqladmin -u root password 'himitsu'

Subversion

  • Install
    pkg-get -i subversion
    svnadmin create /home/svn
    vi conf/svnserve.conf
      anon-access = none
      auth-access = read
      auth-access = write
      password-db = passwd
    vi conf/passwd
      sally = sallypassword
    • ※ svnadmin create がレポジトリの作成である.
    • ※ 複数のレポジトリを作成する場合はsvnadmin createで別のディレクトリにレポジトリを作成する.
    • ※ 複数のレポジトリを利用すれば異なるアクセス制限の設定が可能である.
  • Server Setup
    vi /etc/services
        svn             3690/tcp
        svn             3690/udp
    vi /etc/inetd.conf
        svn stream tcp nowait root /opt/csw/bin/svnserve svnserve -i -r /home/svn
    inetconv -i /etc/inetd.conf
    svcs -x svn/tcp
    • ※ 複数のレポジトリを利用する場合は, 例えば svn2 で 3691/tcp などと別のポートを指定し複数起動する.
    • ※ また, svn のオプションを -r [別のレポジトリ] で起動するようにする.
    • ※ または, -r で指定するディレクトリ /home/svn にはレポジトリを作成せず, /home/svn/rep1 /home/svn/rep2 などと下の階層にレポジトリを作成する.
  • Data Import
    cd /tmp
    mkdir work1
    cd work1
    mkdir trunk branches tags
    svn import svn://localhost/work -m "initial import"
    • ※ 3690番以外のポートを指定する場合は, svn://localhost:3691/work などとする.
    • ※ Windowsのソフトウェア Tortose SVNでも import 可能.
  • Checkout
    mkdir working
    cd working
    svn checkout svn://localhost/work/trunk
    vi somefile.c
    • ※ Importで準備したディレクトリは作業用ではない.
    • ※ 作業を始めるには, 別のディレクトリで svn checkout してから始める.
    • ※ 通常はtrunkだけcheckoutすれば十分である.
  • Commit / Update
    • 修正後は svn commit 人の修正を受け入れるのは svn update
Counter: 3134, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF
Last-modified: 2010-04-28 (水) 07:49:40 (3250d)