計算機設定/情報学習室/Haskell - PukiWiki

情報学習室でのHaskell言語 (ghc) の使い方.

2009/12/21

情報学習室のiMacには, Haskell言語(ghc)はインストールされていません.
情報基盤センターのWebサーバー機(Linuxマシン)にリモートログインして, Linuxマシン上のghc処理系を利用します.

環境設定

  • ghciが存在するディレクトリへパスを通すための設定ファイルをコピーします.
    • cp ~z6my01in/.bashrc ~/.bashrc
      if [ -f /etc/bashrc ]; then
      	. /etc/bashrc
      fi
      if [ "$HOSTNAME" == "z6my01in.s.kyushu-u.ac.jp" ]
      then
       PATH=$PATH:/auto_mnt/home3/share/students/hugs98/bin
      fi
    • この設定は, 1度だけで大丈夫です. 次回ログイン後は不要です.

Linux マシンへのリモートログイン

  1. iMacでターミナルを起動します.
  2. ターミナルでsshコマンドを利用してLinuxマシンへ接続します.
    ssh ah.s.kyushu-u.ac.jp
  3. ディレクトリ Documentsの下で作業します.
    pc243:~ z6my01in$ ssh ah.s.kyushu-u.ac.jp 
    z6my01in@s.kyushu-u.ac.jp's password: 
    Last login: Mon Dec 21 15:19:41 2009 from pc243.mac.s.kyushu-u.ac.jp
    [z6my01in@ ~]$ cd Documents
    [z6my01in@ Documents]$ ghci 
    GHCi, version 6.10.4: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
    Loading package ghc-prim ... linking ... done.
    Loading package integer ... linking ... done.
    Loading package base ... linking ... done. 
    Prelude> [1,2,3]++[4,5]
    [1,2,3,4,5]
    Prelude>
  4. 終了は :q

プログラムファイルは, iMacでEmacsを使って編集し, [書類]フォルダに保存します.

cd Documents
emacs test.hs

htmlinsert(): No such a htmlinsert variable, id, in the specified page.

Haskellプログラムの実行は, Linuxマシンで, ghciを使って実行します.

  • 起動時にHaskellプログラムファイルを指定する例
    ghci test.hs
  • 起動後にHaskellプログラムを読み込む例
    :l test.hs

Graphviz (グラフ描画) について

  • グラフの例(dotファイル)とdotコマンドによる変換
    digraph finite_state_machine {
    	node [shape = doublecircle]; 2;
    	node [shape = circle];
    	rankdir=RL;
    	1 -> 2 [ label = "b" ];
    	1 -> 1 [ label = "a" ];
    	2 -> 1 [ label = "b" ];
    	2 -> 2 [ label = "a" ];
    }
    上記のようなテキストファイルを m1.dot に保存しておき,
    dot -Tpng m1.dot -o m1.png
    とすると以下のようなPNG画像ファイルが生成される.
    m1.png
  • 画面での確認には, dotty コマンドを使用する.
    dotty m1.dot
    で画面にグラフが表示される.
    ※ 但し, ssh コマンドでは, -X オプションで接続しておく必要がある.
  • Postscriptファイルへの変換
    dot -Tps m1.dot -o m1.ps
    によりPostscriptファイルに変換される. 変換されたファイルは,
    \includegraphics[scale=0.5]{m1.ps}
    などとして, LaTeX文書ファイル中に図として挿入可能である.

Counter: 1027, today: 1, yesterday: 1

添付ファイル: filem1.png 273件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF
Last-modified: 2009-12-21 (月) 18:55:28 (3556d)